せどりと情報発信で時間に縛られない生き方

釣り好きな看護師がせどりで実績を作り情報発信をすることで、自由なライフスタイルを掴むための道程を公開していきます。

せどりの基本

せどりで一番楽な販売先はAmazon(アマゾン)!FBAを利用しよう!

更新日:

Pocket

こんにちは!こうつさです。

 

商品の販売先として初めに考えてほしいのがAmazonです。

そもそもAmazonで販売できることを知らない方が多いのではないかと思います。

基本的に登録さえしてしまえば誰でも販売可能です。

 

一つの商品をみても多くの販売者がいて販売価格も様々なことありませんか?

人気のゲームなどものすごい数の出品者がいますよね。

だれでも簡単に登録できて販売できるからそれだけ出品者が増えるのです。

 

 

 

販売先としてAmazonを利用するメリット

 

実店舗が必要ない

もし店を構えて商品を売ろうとしたら何百万円も必要になります。

それがAmazonで販売するとなると店舗は必要なく、商品もAmazonに預けてしまうことが出来ます。

少ない資金と狭いアパートでも副業としてせどりを初められるということです。

 

Amazonが配送してくれる

FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用すると、商品をAmazonの倉庫に預けることが可能です。

預けた商品はAmazonが配送や返品・返金の対応を行ってくれます。

人を雇わなくてもFBAを利用することで自分の作業量を減らせるのです。

自己発送を選択することも出来ますが、一人だと発送もかなり大変な作業になってきます。

1日に何十件も注文が入ればそれだけで何時間かかることか。

自分の時間を作るために非常にありがたいサービスです。

 

※2017年12月31日までAmazon倉庫への納品時、送料無料になるキャンペーンも行っています。

 

集客する必要がない

Amazonはすでに多くの人に認知されているためAmazonで買い物をする人が多くなっています。

商品自体も実店舗より安いことも非常に多いです。

しかもプライム会員だと送料無料。

プライム会員でなくても2000円以上の買い物をすれば送料無料になります。

重いものや大きなものも送料無料なので非常にありがたいですね。

配送も非常に早く、プライムのついた商品だと、その日や翌日には届きます。

(※ヤマト運輸との兼ね合いで今後は配送が遅くなることや配送料金が発生するかもしれませんが)

このようにAmazonで買い物をするメリットが大きく購入者も増えるわけです。

 

 

 

Amazon利用にかかる経費

出品者登録はこちら

 

利用料金

Amazonも無償でサービスを提供しているわけではありません。

当然そこには人件費などかかってくるわけでこちらもそれに対してお金を払う必要があります。

 

出品プラン

まず出品形態が2つあります。

大口出品小口出品です。

 

大口出品では月額4900円+税が固定費としてかかります。

小口出品は固定費はありませんが商品が売れれば1点につき100円の基本成約料がかかります。

 

小口出品だと50点売ってしまったら大口出品の手数料を超えてしまうことになります。

しかも小口出品では「時計、アパレル・シューズ・バッグ、ジュエリー、ペット用品、ドラッグストア、コスメ、食品&飲料」カテゴリーには出品できないというデメリットがあります。

大口出品の場合にはこれらのカテゴリーの出品許可申請をすることで出品できるようになります。

 

月に3万円以上稼ぎたいと思うなら迷うことなく大口出品を選んでください!

 

月に3万円程度でしたらこのブログで書いてあることを実践するだけで初月から稼げるようになります!

50点以上は販売していくことになりますので最初から大口出品でいきましょう!

 

Amazonのページ 大口と小口出品の違い

 

各種手数料

これはCDを販売した場合の手数料の例です。

 

カテゴリー成約料が発生するのはメディア商品のみです。

(本:60円、ミュージック:140円、ビデオ:30円、DVD:140円)

 

出荷作業手数料、発送重量手数料はFBAを利用した際に発生します。

いくらとかは覚えるのも大変なので覚える必要はないです。

ツールなどが計算してくれます。

ただ大型商品はより手数料がかかると思っておけば大丈夫です。

 

販売手数料はカテゴリーによって変動します。

商品価格の8-45%になります。ほとんどのものが8-15%ですのでそのくらいと認識しておけば大丈夫です。

8%のカテゴリーの商品は手数料が少ない分仕入れやすくなりますので覚えておくといいですね。

 

【8%】

エレクトロニクス(AV機器&携帯電話)、カメラ、パソコン・周辺機器、楽器、ゲーム機本体、大型家電、電子辞書と関連アクセサリー

【10%】

(エレクロニクス、カメラ、パソコン)付属品、ドラッグストア、スポーツ&アウトドア、カー&バイク用品、おもちゃ&ホビー、食品&飲料、浄水器・整水器および生活家電

【15%】

本、CD・レコード、ビデオ・DVD、TVゲーム、PCソフト、ペット用品、文房具・オフィス用品、ホーム(家具・インテリア・キッチン)、ホームアプライアンス、DIY・工具、産業・研究開発用品、腕時計、ジュエリー、ベビー&マタニティ、服&ファッション小物、シューズ&バッグ、その他のカテゴリー

【20%】

ビューティー

【45%】

Kindle アクセサリ

 

販売手数料等Amazonページ

 

 

FBA保管手数料というものもあります。

計算式は¥8.126 × {[商品サイズ(cm3)] ⁄ (10cm×10cm×10cm)}×[保管日数 ⁄ 当月の日数]

Amazon倉庫に商品を預けることで発生する手数料です。

大きな商品ほど手数料が大きくなるので注意が必要です。

長期預けることで長期保管手数料も発生してしまいますので1~2ヶ月で売れる量を納品するように調整するといいですね。

FBA手数料Amazonページ

 

この商品を売った場合、手数料がいくらかかるのかはっきり知りたいという場合にはFBA料金シュミレーターが便利です。

月額保管手数料も計算してくれます。

FBA料金シュミレーター

 

 

このようにいろいろと手数料もかかりますが、仕入れの段階でツールが概算を出してくれるのであまり気にしなくても大丈夫です。

手数料を引かれても利益の出るものだけ仕入れていけばいいのです。

-せどりの基本

Copyright© せどりと情報発信で時間に縛られない生き方 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss