せどりと情報発信で時間に縛られない生き方

釣り好きな看護師がせどりで実績を作り情報発信をすることで、自由なライフスタイルを掴むための道程を公開していきます。

せどりの基本

Amazon家電商品の出品制限?出品可能か調べる方法!

更新日:


こんにちは!こうつさです。

 

2016年末にAmazonが家電商品の大幅な出品制限をしてきました。

おそらくはメーカーからの依頼かと思われますがせどらーにとっては稼ぎに直結する大変重要なことです。

 

今後も出品制限は増えるとのことですのでしっかり情報をキャッチしていく必要があります。

 

出品制限のあるメーカーを把握せずに仕入れしてしまうとAmazonでの販売ができません。

中古で販売可能なものもありますが、新品よりは安くしないと売れません。

ヤフオクや、メルカリで売るという手もありますが、Amazonの相場より安くなる場合がほとんどなのでやはり利益は少なく、下手すると赤字になってしまいます。

もともと中古販売のつもりで購入するなら影響はありません。

 

また出品制限のあるカテゴリーも存在します。

そのカテゴリーの商品を仕入れても不良在庫を抱えることと同じになりますので避けたいところです。

 

出品制限のあるメーカーやカテゴリーを避けても十分利益を出していくことは可能です。

しかし、出品制限を突破することでライバルの少ない商品を販売することができるようになります。

 

出品制限のある商品を確認する方法と、出品制限を解除するための手順を解説します。

 

 

出品制限の範囲

 

出品制限のあるメーカー

  • SONY
  • Panasonic
  • EPSON
  • FUJIFILM
  • CANON
  • NIKON
  • CASIO
  • BROTHER
  • BOSE
  • DJI
  • GOPRO
  • Hoppetta
  • Ergobaby
  • RICOH
  • PENTAX
  • OLYMPUS
  • SIGMA
  • BenQ Japan
  • TAMRON
  • CAPTAIN STAG
  • SHOP JAPAN

上記メーカーの一部の商品に出品制限がかけられています。

上記メーカーの商品すべてではありません。

出品制限の可能性のある商品は購入前に確認すると良いです。

 

アカウントによって制限されていないアカウントもあるようです。

自分のアカウントはPanasonicやSONY製品は普通に出品可能です。

※出品許可申請したわけではありません。

ざっと調べてみたところ、出品規制以前(2016年12月以前)に出品したことのあるメーカーのものは規制されていないようです。

他のせどらーも過去1年間で販売していたものは規制されていないという方が多いようです。

 

カメラブランドやCanonのプリンターなど過去に出品歴がないものは出品規制がかかっています。

エプソンは出品したことがあったのでエプソンのプリンターは出品可能でした。

※個人の見解ですので参考程度にお願いします。

 

 

出品制限のある商品を確認する方法

Amazonの商品登録から出品できるか確認することが出来ます。

 

セラーセントラルから確認する方法

商品登録画面に進みます。

 

 

出品したい商品のJANコードを入力して検索します。

 

出品許可申請が必要なものは下のように表示されます。

これは「SHOP JAPAN」の製品ですね。

 

 

ちなみにこのまま「出品許可申請」に進むと下の画像のように請求書の提出を求められます。

個人でメーカーから仕入れは無理でしょう。卸業者からならあるいは可能かもしれません。※小売店のレシートや領収書では受け付けてもらえませんのでご注意ください。

また、請求書の条件が個人には厳しいものとなっています。

「合計10点以上の購入」が大きな障害ですね。

卸業者から買えたとしても安いとは限らず、大赤字になる可能性もあり現実的ではありません。

なのでこういった商品は店舗で見つけたとしても避けるほうが良いですね。

他の販売先が用意できていれば購入しても良いと思いますが。

 

 

他の商品で見てみます。

Canonのプリンターですが、中古商品は出品可能となっており、新品だと出品許可申請が必要となっています。

出品許可申請をクリックしてみると・・・

 

 

SHOP JAPANの製品はASIN単位(一つの商品だけ)の申請でしたが、キャノンはブランド名の出品申請となっています。

つまり何かしらの商品で出品申請を通すことができればキャノンの製品はすべて出品できるということです。

申請に対して必要な書類は下記のものになります。

  • 商品の購入に対してメーカーまたは販売業者が発行した請求書1通以上
  • 商品の販売を許可するブランドキャノンからの書類1通

 

これもショップジャパンと同じくメーカーから書類をもらうことは無理なので、卸業者からの請求書が準備できればよいですね。

 

上記が条件となります。

キャノンの製品を卸業者から10点以上購入して請求書をもらうことができれば他のキャノンの製品も出品できるということですのでこれは挑戦する価値がありますね。

 

 

このようにブランドによって出品許可申請で許可される範囲が違うので、幅広く許可されるブランドは出品許可申請していくと良いです。

 

 

 

以上がパソコンから出品規制がかかっていないか調べる方法と、出品許可申請の方法でした。

 

 

 

スマホアプリから調べる方法

店舗せどり中はAmazonSellerアプリから調べると簡単です。

 

まだAmazon Sellerをインストールしていない場合はインストールしておきましょう。

Androidでは「Playストア」、iPhoneでは「App Store」から「Amazon Seller」で検索してインストールしてください。

 

インストール後、起動したら、「商品登録」をタップします。

 

キーワードやJANを入力して検索します。

もしくは右のカメラマークをタップしてバーコードを読み取るか商品全体をカメラ内に収めると自動で商品を検索してくれます。

出てきた商品をタップします。

 

 

この画面でもうわかりますが、「出品条件」に「この商品を新品のコンディションで出品できません。」と記載されています。

さらにここをタップします。

 

 

中古では販売出来るようですが、それ以外では販売出来ないことがわかります。

 

 

このようにアプリで簡単に確認することが出来るので是非活用して無駄な仕入れをしないようにしていきましょう!

-せどりの基本

Copyright© せどりと情報発信で時間に縛られない生き方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss