せどりと情報発信で時間に縛られない生き方

釣り好きな看護師がせどりで実績を作り情報発信をすることで、自由なライフスタイルを掴むための道程を公開していきます。

せどりの基本

Amazonの出品規制のあるカテゴリーと出品許可申請の方法

更新日:


こんにちは!こうつさです。

 

Amazonでは出品規制のあるカテゴリーが存在します。

自分はせどり初めた頃、出品規制の事を知らずにドラッグストアカテゴリーの製品を大量に買ってしまいました。

出品する時になって出品できないということに気づいたのです。

その後1ヶ月ほどして出品許可を得たのでなんとか販売できました^^;

あなたはそんなことにならないようにここでしっかりと把握しておいてくださいね!

 

 

出品規制カテゴリーは申請することで解除することができます。

出品許可を得ることができれば出品者の少ない商品を販売していくことが出来ますよ!

 

出品許可申請をして仕入れの幅を増やしていきましょう!

 

 

出品制限のあるカテゴリー

青色のカテゴリーは出品許可申請を通しやすく、赤色のカテゴリーは通しにくいと言われています。

 

Amazon限定商品とイタリア製品は扱う予定のある方は申請したらよいでしょうね。

普通にせどりをやっている方にはあまり必要はないカテゴリーだと思います。

 

※これらのカテゴリーで出品するには大口出品プラン(月4900円 税別)でないと出品できません。

 

 

出品許可申請の仕方

セラーセントラルの右上の検索バーに「出品許可」と入力して検索します。

 

 

出品許可が必要なカテゴリーと商品」をクリックします。

 

 

下の方にカテゴリー一覧があります。

時計」カテゴリーで解説します。

時計」カテゴリーをクリックして次のページを下まで読み進めてください。

一番下にがありますのでそこをクリックします。

 

 

赤枠の条件を満たす請求書を準備してスキャナーやカメラで撮影しアップロードします。

 

小売店(家電量販店、ホームセンター、ネットショップなど)のレシートだと駄目です。

メーカーは無理なので、卸業者から仕入れて請求書をもらう必要があります。

自分は10点購入で他のカテゴリー許可通っています。

通らない場合は何度も申請してみるといいです。

特にペナルティーがあるわけでもないので^^

 

 

メールアドレスを入力します。

電話番号は任意です。

 

 

「同意して送信」をクリックすれば完了です。

数時間後か翌日にはメールで審査結果が届きます。

 

 

審査を通しにくいと言われるカテゴリー

ビューティー、ドラッグストア、食品・飲料・お酒 カテゴリーは審査を通しにくいと言われています。

他のカテゴリーに比べて請求書の条件が厳しかったりするからだと思いますが、きちんと書かれている条件の請求書を準備すれば問題なく出品許可を得ることが出来ます。

 

ビューティーカテゴリーを参考に見ていきます。

 

ビューティーカテゴリーは出品できるブランドが決まっているのでこちらのリンクから上記の赤枠部分をクリックしてブランドを確認してください。

 

ビューティーカテゴリーは新品しか出品できないので、新品ですか?には「はい」しかありえません。

販売予定数は自分の販売予定数を入力します。

せどりだと自社製造などしませんので一番下は「いいえ」を選択して「続ける」をクリックします。

 

 

はい、請求書来ました。

  • 商品30点以上
  • レシート・領収書不可
  • 小売店の請求書不可
  • オンライン小売店の請求書不可

条件が卸業者からの購入で30点以上しか認めないということですね。

 

請求書を確実にもらうためには卸業者に「商品を購入して請求書をもらえますか?」と聞けば良いです。

請求書出してもらえないところでしたら他の卸業者を当たればいいです。

そして「請求書の要件」を満たす請求書を貰ってください。

 

 

 

「同意します」をクリックすると

請求書のアップロード画面が出てきます。

ファイルのアップロードから請求書をアップします。

 

 

追加情報のところは「所有している店舗または事務所の会社住所」に自宅住所(事務所があれば事務所住所)を記入すれば大丈夫です。

入力したら「続ける」をクリックします。

 

 

必須項目のメールアドレスを入力します。

電話番号は入力してもしなくてもセラーセントラルで登録していると思うので数時間後か翌日に電話がかかってきます。

会社概要は必須ではないので入力しなくて大丈夫でした。

「申請内容の送信」をクリックして終了です。

 

 

最終的な審査としてこの後Amazonから電話がかかってくるのでちゃんと出ましょう。

電話にでて質問に回答しないと出品許可はもらえません。

 

 

一体何を質問されるのか気になりますよね?

 

ドラッグストアカテゴリーを通ったときのことで大分時間が経っているため曖昧な部分もありますが、覚えている範囲で書きます。

  1. 登録した住所の確認
  2. どのくらい販売する予定か(金額)
  3. 商品がリコールされたらどう対応するのか
  4. 商品はどのように保管しているのか
  5. 商品はどのように検品しているのか

大体こんなことを聞かれたと思います。

自分の返答は

  1. 自宅住所が登録した住所なのでそのまま答える
  2. 100万円以上
  3. 商品を回収してメーカーへ返品する
  4. 空調が整備された冷暗所で鍵のかかるところに保管している
  5. 照明のある明るい場所で複数名で行っている

このように答えてます。

若干盛っているかもしれ・・・。

商品は保管している場所はエアコンはついているけどほとんど動いてない部屋で別に冷暗所でもな・・・ゲフンゲフン。

そもそも検品は1・・・ゲフッ。

まさか電話がかかってくるとは思わず、かなりしどろもどろでしたがそれでも1時間後くらいには出品許可がおりました\(^o^)/

 

 

自分がドラッグストアカテゴリーを申請したのは2016年9月でしたがその頃は確か商品は10点で良かったです。

出品許可申請もどんどん厳しくなってきているので早めに申請しましょう!

-せどりの基本

Copyright© せどりと情報発信で時間に縛られない生き方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss