せどりと情報発信で時間に縛られない生き方

釣り好きな看護師がせどりで実績を作り情報発信をすることで、自由なライフスタイルを掴むための道程を公開していきます。

せどりの基本

せどり仕入れで失敗しないためにモノレートの見方を極めよう!

更新日:

Pocket

こんにちは!こうつさです。

 

モノレートは商品を仕入れる際、必ず必要になるものです。

モノレートの見方をマスターすれば仕入れで失敗することはほとんどありません。

Amazonせどりには欠かせないモノレートの解説をしていきます。

 

モノレートへのアクセスの仕方

1.直接アクセス

モノレートはwebサイトになりますので直接アクセスすることが出来ます。

http://mnrate.com/ ←こちら

 

直接アクセスすると価格の下がったものや上がったものを調べることが出来ます。

Amazon刈り取りやプレミア商品のリサーチに使えます。

検索窓にキーワードや型番、JAN、ASINなどを入れて直接商品を調べることも可能です。

 

2.Google Chrome 拡張機能を使って商品ページからアクセス

商品リサーチしている時、Amazonの商品ページから直接モノレートへ飛ぶことも出来ます。

それにはブラウザにGoogle Chromeを使い拡張機能を追加する必要があります。

 

モノサーチ

モノサーチは非常に便利です。Chromeに是非追加しておいてください。

Amazonの商品ページだけでなく他のネットショップからでもモノレートへ直接飛べたり、様々なサイトへのリンクを自分好みに作ることが出来ます。

電脳せどりの効率が上がりますよ!

画像の薄くピンクになっている部分がモノサーチを追加した場合に表示される部分です。(※実際ピンク色はつきません)

下のバーにデフォルトでモノレートへのリンクがありますのでそこをクリックするとモノレートへ飛ぶことが出来ます。

 

楽天など他のネットショップでは自動で上手くリンクが作れない場合があります。

そんなときは商品名やJANコードを選択します。

そうすると選択した部分が左下のキーワードに登録され他へのリンクを作ってくれます。

選択するだけなので非常に楽です。

右クリックしてコピーとかいりません。

 

3.スマホアプリからモノレートへアクセス

せどりすと、せどろいど、アマコード、せどりスカウターなどせどりするためのアプリにはモノレートへアクセスするためのボタンがついています。

店舗せどり中はアプリを使ってモノレートを見て行くことになります。

モノレートは以前はamashowという名前だったためそのままの表示のアプリもあります。




 

 

モノレート画面の見方

モノレート画面の見方を説明していきます。

「K-KJ22MCC84 eneloop(エネループ)充電器セット(12本)」のデータを参考に解説していきます。

ここからが非常に重要です!

K-KJ22MCC84 eneloop(エネループ)充電器セット(12本)

モノレートのページはこちら→http://mnrate.com/item/aid/B00FOET440

モノレートのページは基本情報、グラフ、グラフを数値化した表に分かれています。

自分は基本情報とグラフさえ見れれば大丈夫と考えています。

グラフを数値化した表は結局グラフの情報と同じなので。

基本情報

ここで重要なのは新品を扱う場合、Amazon販売があるかどうかですね。

この商品は「ありません」となっています。

Amazonが在庫を持っている場合にはここに販売価格が書かれています。8200円だった場合「8200」と書かれます。

Amazonが在庫を持っているものは基本的にAmazonがカートを独占してしまうので、Amazonの出品価格よりも安い金額で出品しないとなかなかカートを獲得できず商品が売れません。

しかもAmazonより安い価格設定にするとAmazonも競って同じ価格にしてくる場合もあります。そうなるとなかなか利益が取りづらく最終的に赤字になることもあります。オソロシイ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

自分は大幅に価格を下げても利益が出せると思ったものに関してはAmazonが在庫を持っていても仕入れていきます。

Amazonが最低価格で在庫を持っていて数百円しか利益のでないものに関しては仕入れないほうが無難でしょう。

赤字を出すリスクがあるものは仕入れないほうがマシです。

 

利益計算はスマホアプリでやってくれますが、確実な計算をしたい場合には基本情報の下にある「FBA料金」をクリックします。

するとFBA料金シュミレーターに飛びますのでそちらで売る価格や仕入れ価格を入力していくと正確な利益計算ができます。

 

グラフ

2017年4月現在、グラフは4つあります。

1つだけ見るのではなく4つを総合的に見て仕入れるかどうかの判断をします。

グラフの期間を右上の「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「すべて」と切り替えることができます。

基本は3ヶ月で見ていくと良いです。

3ヶ月で売れていないものは回転率が悪く不良在庫になってしまう可能性があるからです。

しかし、季節家電や長期間出品者がいなかった商品の場合には6ヶ月や12ヶ月など見なければ判断出来ない場合もあります。

 

最安値グラフ

新品(緑)、中古(オレンジ)のそれぞれの最安値の変動を表したグラフになります。

出品者数グラフ

出品者の数の変動を表しています。

商品が売れて在庫がなくなれば出品者数が減ります。

出品者数が少ないほどライバルが少ないということであり自分の商品が売れるチャンスが大きくなります。

出品者が100人とかいるような商品では自分の商品が売れる確率も下がります。

ランキンググラフ

グラフが下にカクンと下がったときランキングが上がっているということです。

商品が売れるとランキングが上がるので、ラフがカクンと下がった=商品が売れた」と理解してください。

この商品の場合6ヶ月で20回以上グラフが下がっているのでそれだけ売れたということです。

常に高ランキングの場合下の方にべったり張り付いたようなグラフや、下の方で小刻みに動いているようなグラフになります。

そのような商品はものすごく売れますので、出品したらその日に売れていきます。

モノレートユーザーグラフ

この商品ページにアクセスした人数のグラフです。

このグラフの人数が多いほどこの商品を検索した人がいるということです。

検索人数が増えていると、以下の様なことが考えられます。

・どこかでセールをやっている可能性がある。

・情報発信者がメルマガやブログでこの商品について情報発信した。

・テレビで取り上げられた。

・みんなが気になっている商品で今後出品者が増えて値下がりするリスクがある。

 

 

仕入れ判断

1.ランキンググラフで商品が売れているかを見る

過去に全く売れていない商品だったらその時点で仕入れません。

3ヶ月で10回くらい売れていれば自分は仕入れますね。

それ以下でも仕入れる場合もありますが条件付きです。

  • 仕入れ価格がかなり安く資金を圧迫しないこと
  • 大型商品でないこと(保管手数料が高い)

自分はこんなルールを決めてます。

他にも「見込み利益が2000円以上出ること」など入れて、より厳しくしてもいいですね。

季節家電なんかはシーズンオフのときは見送りますが、シーズン前だったら12ヶ月のグラフを見て、シーズン中に売れていれば直近で売れていなくても仕入れます。

資金に余裕があり、保管しておく場所もあればシーズンオフ時のセールで仕入れておいて来年販売するという手もあります。

 

2.価格差を見る

基本的には現在の最安値と、仕入れ価格から利益を計算し仕入れるか判断します。

しかし、急激に出品者が増えて来ていたり、モノレートユーザーのグラフで検索者が増えてきている場合には現在の価格よりも下がる可能性があると考え、それでも十分に利益が出そうであれば仕入れます。

逆に廃盤で出品者が常に少なく、そこそこ売れているような商品は現在価格より高くなる場合もあります。

K-KJ22MCC84 eneloop(エネループ)充電器セット(12本)はそのパターンに当てはまりますね。

2017年3月4日~7日あたりを見ると新品の出品者が少なくなりランキングも上がっています。

新品が売れたということですね。その時の価格が8900円です。

つまり現在は最安値の出品者が8200円だが、出品者が少なくなれば8900円でも売れる商品ということがわかります。

自分は2月終わり頃この商品を4980円で2個仕入れ、8900円で売り切りました。

 

3.Amazon出品者一覧を見る

基本情報の新品の最安値「\8,200」の横の「商品ページ」をクリックするとAmazonの出品者一覧ページに飛べます。

そこで最安値出品者が何人いるのかを調べます。

複数いれば自分も最安値で出品することを考えます。

1人や2人であれば少し高めの金額設定しても売れるかなと判断します。

ちなみにパソコンからだとモノサーチを入れておけば出品者の在庫数まで分かってしまいます。

価格の下にあるstockがそうですね。どの出品者も1つしか在庫持ってないようです。

この時点だと自分は8200円で出品します。

 

いかがですか?

モノレートの基本的な使い方は分かりましたか?

こういう場合はどう判断したらいいの?など質問がありましたらコメント欄からでもご連絡ください。

-せどりの基本

Copyright© せどりと情報発信で時間に縛られない生き方 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss