せどりと情報発信で時間に縛られない生き方

釣り好きな看護師がせどりで実績を作り情報発信をすることで、自由なライフスタイルを掴むための道程を公開していきます。

ビジネスの基礎

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは?

更新日:


こんにちは!こうつさです。

 

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)をご存知ですか?

DRMとは簡単に言うと

「無料でプレゼントをばらまいて集客し、商品に興味のある見込み客に対して教育し、商品を販売する方法」

となります。

 

この流れを踏むことで非常に効率的に商品を買ってもらうことが出来ます。

DRMを理解すると様々なビジネスに活かすことが出来ます。

しっかり理解して活用していきましょう!

 

 

DRMの概念

魚釣りで考えてみてください。

ボートに乗って広い海に釣りに出かけたとしましょう。

そこで竿1本を使って釣りをしても一度に釣れるのは1匹ですよね。

しかも広い海で小さな餌だけで釣り上げるには時間がかかります。魚がそれを見つけないと食い付きようがありませんからね。

 

そこで、撒き餌という餌をばら撒いたらどうなりますか?

視覚的にも目立ち、匂いにも釣られ魚は沢山集まってきますよね。

集まった魚を釣り竿でなく網で一気に捕獲すればどうですか?

短時間で大量のお魚ゲットです!

 

これがDRMの概念となります。

餌をばら撒けば集客出来ます。

その餌に興味のない魚(人)は寄ってこないので、餌に興味のある魚(人)だけを効率的に集めることが出来ます。

そして集まった魚(人)をガバッといっちゃうわけですね。

 

実際魚と人は違うのでガバッと行く前に、教育という段階が必要になります。

教育することで「私を捕まえて~」と自ら捕獲を望む状態にすることができます。

 

 

具体例

DRMは身近でもたくさん活用されています。

 

例えばスーパーやお土産屋さんの試食です。

肉・ウィンナー・ドリンク・お菓子など沢山の試食がありますよね。

まず無料で食べ物をばら撒いて集客します。

そして、試食の販売員が

「このウィンナーは肉汁たっぷりで噛んだ瞬間口の中に肉汁がジュワッと広がりますよ~!ビタミンB1が多く含まれてるので勉強にも集中しやすくなりますよ~!」

と、商品を紹介(教育)し購入意欲を沸き立てます。

肉汁がジュワッと広がるという表現で食べたときを想像してもらい意識を惹きつけ、勉強に集中しやすくなるという言葉で勉強が集中して出来ない子供を持つ人などが惹きつけられます。

この教育がないと客はなかなか購入までいきません。

つまり、集客と教育さえしっかりできれば自然と商品は売れていくわけですね。

 

良く売る販売員は教育が上手です。

下手な販売員は試食品を渡すだけの人もいますよね。

「新発売です。試食どうぞー。」

これじゃ試食はされても大して商品は売れません。

商品の魅力が何も伝わりませんよね。

 

それでも、人は無料で物をもらうと、「タダで貰ったし買ってもいいかな。」という気持ちになります。

DRMはその心理を上手く突いている手法であるとも言えます。

 

 

また試食以外にも

  • 化粧品の無料サンプル
  • チラシ入りのポケットティッシュ配布
  • ツールの1ヶ月無料使用
  • クレジットカード作成で1万ポイント進呈
  • 保険見積もりで図書カードプレゼント
  • メルマガ登録で500円分のクーポンプレゼント
  • サプリ定期購入の初回のみ90%OFF

などなど沢山のビジネスにDRMが取り入れられています。

 

 

ネットビジネス×DRMは最強

DRMは「集客・教育・販売」から構成されていることは理解できましたか?

それをネットビジネスに当てはめて考えて行きます。

 

集客

まずは集客するためのプレゼントが必要になります。

プレゼントはあなたが販売したいものに関連するプレゼントにしましょう。

全く関係の無いものをプレゼントしても意味がありません。

YouTubeで稼ぐための方法をプレゼントをして集客し、英語教材を売ろうとしても売れるわけがありません。

集まった客はそんなものは求めていませんからね。

つまり集客の段階から潜在的に商品に興味のある見込み客を集めるわけです。

 

YouTubeで稼ぐ方法をプレゼントしたなら、実際にYouTubeで稼がせるためのコンサルやYouTubeを使ってさらに発展させたビジネスなどが商品になっていれば購入してもらえる可能性も高いということです。

 

そして、このプレゼントの価値が高ければ高いほど集客出来、成約率も上がります。

無料でこんなすごいものをもらえるなら、商品も間違いないと思ってもらえるからです。

なので、圧倒的なものを用意しましょう。

 

リアルビジネスだと人件費・プレゼントするモノの経費など、配布すればするだけ膨大になってしまいますが、ネットビジネスでのプレゼントは音声・動画・PDFなど自分で作成できるので経費はほとんどかかりません。

 

そして、配布手段はメルマガを使います。

今後商品を販売するために「メールアドレス」「名前」を獲得する必要があります。

 

メールアドレスと名前をメルマガフォームに登録してくれたら無料で豪華なプレゼントを差し上げますよ。

という感じでリスト(メールアドレスと名前)を獲得しプレゼントを配布していきます。

 

配布自体はメルマガのシステムで自動で渡すことが出来ます。

そのためプレゼントを用意してメルマガにセットしておけばあなたは何もする必要もなくプレゼントを配布することができます。

 

 

教育

メルマガ登録してくれた人に対して教育をしていきます。

登録された段階で商品を購入してくれる可能性の高い見込み客です。

 

見込み客は、プレゼントに興味があってメルマガ登録しています。

YouTubeで稼ぐ方法をプレゼントしているのであればYouTubeを使ったビジネスの情報を知りたいとか、単純に稼ぎたいとかいう思いがあるはずです。

なにかしら潜在的な問題を抱えていてそれを解消するために情報を求めています。

 

そこで見込み客に潜在的な問題点を意識してもらい

問題点を解決しないとどうなるかということを自覚してもらい

その問題点を解決したいと思ってもらう必要があります。

 

そして問題解決のための方法があることを伝えていきます。

そうすることで見込み客は問題解決の方法が欲しくてたまらなくなっていきます。

 

これもメルマガのステップメールという機能を使うことですべて自動で行うことが出来ます。

 

 

販売

見込み客は教育ですでに商品を欲しい状態になっていますが、ここでさらにひと押しします。

  • 購入できる人数を絞る
  • 購入できる期間を限定する
  • 希少性を演出する

そうすることで、さらに購買意欲が高まります。

 

この販売も、ステップメールとランディングページ(LP)を用意しておくことで購入まで誘導出来ます。

つまり一度セットしてしまえばすべて自動で集客・教育・販売が行えるということです。

 

 

まとめ

リアルビジネスでは膨大な経費がかかるDRMでも、ネットビジネスでは少ない経費でずっと自動で働いてくれるシステムを作ることが可能です。

そしてメルマガ登録で獲得したリストはあなたの貴重な財産となります。

獲得したリストに対し、ステップメールでDRMを行いますが、それ以降もメルマガでの情報発信は行うので、また新たな商品を販売したいときなど獲得したリストに対して販売活動を行うことが出来ます。

しかもメルマガであれば1通送るだけで100人とか1000人とか登録されているだけの人数にまとめて情報を届けることができるので非常に効率的なのです。

 

-ビジネスの基礎

Copyright© せどりと情報発信で時間に縛られない生き方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss