せどりと情報発信で時間に縛られない生き方

釣り好きな看護師がせどりで実績を作り情報発信をすることで、自由なライフスタイルを掴むための道程を公開していきます。

ツール

電脳せどりで定番のモノサーチの導入方法と基本的な使い方

更新日:


こんにちは!こうつさです。

 

今回は電脳せどりには欠かせないモノサーチの導入方法と基本的な使い方について紹介していきます。

モノサーチを導入すると、どのネットショップからでもAmazonの商品ページやモノレートにワンクリックでアクセス出来るようになります。

逆にAmazonのページから在庫のあるネットショップにアクセスすることも出来ます。

他にもAmazonの出品者一覧ページで店舗ごとの在庫数が分かったり、自分のよく見るウェブサイトへのリンクも作成することが出来ます。

 

いままで2~3手順かかっていたリサーチが1手順で完了されるような感じです。

電脳せどりの定番ツールとなっていますのでしっかり取り入れて時短・効率化していきましょう!

 

モノサーチの導入方法

モノサーチはGoogleChromeの拡張機能として導入することができます。

まずブラウザでGoogleChromeを使っていない場合はそちらからインストールしてください。

GoogleChrome

 

Chromeを使っている方は、こちらからモノサーチをChromeに追加してください。

 

このような画面に遷移します。

自分の場合はすでにChromeに追加してあるので右上の緑の部分に「Chromeに追加済み」と記載されています。

追加していない場合はこの青いボタンになっています。

このボタンをクリックして追加します。

 

 

 

モノサーチの見方

Amazonの商品ページで他のショップの価格表を表示してくれる

Amazonの商品ページで他のネットショップの価格を表示してくれるようになります。

そのままネットショップをクリックするとそのネットショップの商品ページに飛んで商品を購入することが出来ます。

たまに全然関係ない商品が出てくることもあります(笑)

 

 

画面下にドックコンテナを表示して様々なリンクを作成することが出来る

ドッグコンテナは自分で編集出来ます。

  • Amazon商品ページ
  • モノレート
  • FBA料金シュミレータ
  • ヤフオク
  • オークファン
  • メルカリ
  • ラクマ
  • ヤフーショッピング
  • 楽天市場

などなど。

商品キーワードを検索した状態でリンク先に飛ぶことが出来ます。

良く使うものを登録しておくと非常に便利です。

ドッグコンテナは『Esc』キーで右下に小さくなります。

また、『Ctrl(command)』+『B』キーで非表示にできます。

 

 

出品者一覧ページで在庫数を表示してくれる

出品者一覧ページで出品者ごとの在庫数を表示してくれます。

仕入れるときの判断に使えますね!

出品者の在庫が多数ある場合には少し仕入れを抑えようとか、逆に在庫が少ない場合には早く売れそうだから多めに仕入れようなどの判断が出来ます。

 

 

出品者ごとの価格変動・在庫変動が確認できる

出品者一覧ページでショップ名の部分にカーソルを当てると、右側に価格と在庫変動の表が表示されます。

 

 

出品者の評価情報が分かる

出品者一覧ページで評価の部分にカーソルを当てると、評価情報を見ることが出来ます。

一度下がった評価が上がっているのは削除したということです。

 

 

FBA料金シュミレータで商品データが自動で入力される

モノサーチのリンクや、モノレートのリンクからFBA料金シュミレータに飛ぶと商品データを自動で入力してくれます。

手動でやると、FBA料金シュミレータのページを立ち上げて、ASINなりをコピーしてきて貼り付けるという手順になります。これだと3手間くらいかかります。

それがワンクリックのみで出来るようになります。

 

そうすると・・・

 

 

 

モノサーチの基本的な使い方

Amazon商品ページ → Amazon関連ページ

Amazonの商品ページからAmazonに関連するページへ飛びたい場合はそのまま画面下のドックコンテナからリンクをクリックすれば良いです。

商品ページにいる時点でキーワードやASINが確定してます。

なのでキーワードをさらに絞るなどの必要がありません。

Amazonに関連するページというのは

  • モノレート
  • FBA料金シュミレータ
  • 商品登録

などですね。

 

 

Amazon商品ページ ↔ 他のネットショップ、ヤフオク、フリマなど

Amazon関連のページと他のネットショップ、ヤフオク、フリマなどの移動時はそのまま下のリンクボタンをクリックしても、長い商品タイトルをそのまま検索キーワードにしているため商品が見つからない場合が多いです。

そのため一手間加えます。

  1. 検索したいキーワードを選択します。(※コピーする必要はありません)
  2. キーワードが登録されます。
  3. あとはどのリンクボタンをクリックしてもそのキーワードで検索してくれます。

キーワードを選択するだけなので非常に簡単です。

ヤフオクやメルカリでも検索したいキーワードを選択するだけで大体Amazonの該当商品をみつけることができるので楽ちんです。

キーワードは「商品名」「型番」「JANコード」などを選択するといいですよ。

 

 

まとめ

モノレートの導入方法、見方、基本的な使い方について紹介しました。

まずは使って慣れていきましょう。

さらに便利に使えるカスタマイズの方法を下の記事で紹介しています。

モノサーチをカスタマイズしてより便利に使う方法

-ツール

Copyright© せどりと情報発信で時間に縛られない生き方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss